ABOUT

アバウト

PHILOSOPHY - 理念 -

経営という芸術に込められたリソース(資源)を読み解き、さらに、 その可能性を広げるフィールドを創りだす。

MISSION - 使命 -

経営のダイナミックな向上に繋がる道筋を立て、 過去からの学びと未来への展望が明確に見えるところまで伴走しながら導く

VISION - 描く未来 -

経営は唯一無二のアートであると実感できる社会を 最強のチームワークで創造する

PROFILE

概要

社名

松田眞理公認会計士事務所

代表

松田眞理

所在地

〒105-6021 東京都港区虎ノ門4丁目 3 – 1 城山トラストタワー

開業

2006年1月

経歴

1973年 |  東京都出身
1995年 |  日本女子大学 文学部英文科卒業
1995年 |  山一證券(株)にて営業職勤務
2001年 |  公認会計士2次試験合格
2001年 |  監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ)入所。
監査業務に従事
2005年 |  公認会計士3次試験合格
2006年 |  松田眞理公認会計士事務所独立開業、
会計事務所にて税務業務に従事
2011年 |  東京税理士会会員登録 (登録番号 115501)
2015年 |  起業家向けスタートアップサービスを開始
2018年 |  健康経営コンサルティングサービスを開始
2019年 |  株式会社ノハナ 社外監査役就任
2019年 |  健康経営エキスパートアドバイザー取得
2021年 |  京都藝術大学修士課程 学際デザイン領域 MFAコース入学
2021年 |  一般社団法人 海外不動産投資戦略会議 理事就任

活動実績

-- 個人事業者向け起業スタートアップコンサルティング実績のべ1800名
 東京・神奈川・新潟・山形・仙台・名古屋・大阪・神戸・高知・福岡にて実施
-- 税務署での納税者向け講座講師
-- 小中高での租税教室実施実績 33校
-- 「疲れない仕事術」講演
 公認会計士協会東京会 /日本女子大学 /保険会社グループ / Canonグループ
 その他多数
-- 女性起業家向け連続講座
 東京・大阪にて実施
-- 日本公認会計士協会実施のキャリア教育講演
 品川女子学院中等部・高等部にて登壇
-- マネーセミナー(お金のブロックはずさなくていいよ、お茶会)
 東京・京都・神戸・新潟・熊本にて実施
-- 事務所メディア取材
 テレビ朝日/東海テレビ/中京新聞 /株式会社ディノス・セシール

MESSAGE

メッセージ

mari_1

About myself

松田眞理 「ビジネスは、全ての経験から創造されている」

お金と心理学、健康とマネジメント、そしてアートと経営。
これらは私のこれまでの人生と仕事の経験、そしてお客様との対話経験の中から自然発生的に生まれてきたものなのだと今改めて感じています。会計士としてのスタートから今日に至るまでの20年。この節目に、これまでの私を育ててきたもの、未来のビジョンと私自身が果たしてきたもの、これからの役割含めて、今でこそ見えている世界と想いがあります。

20年の軌跡 

 病気を経験して見えた世界から、健康経営に出会う

大手監査法人にいた頃に体を酷使し、その後、独立開業した後も、さまざまなストレスに悩まされ、その影響か、西洋医学では治療が困難な病気を発症してしまいました。とても辛い経験ではありましたが、それがきっかけで自分の体と心に向き合い、生活を整え、溜め込んでいた感情を吐き出すことで、病気を和らげることができました。この経験は、さらに副次的な効果を私にもたらしてくれました。自分の症状は西洋医学では治らない、であるならば、自分の本来持っている治癒する力を高めようと、治療家やセラピストが通う学校に通い、学び、実践する中、様々な治療家との出会いがあり、彼らの開業、事業計画の相談を受けるようになりました。より多くの方のご相談を、より精度高く受けようと、開業支援の個人セッションを始めたところ、ありがたいことに全国からお申し込みが…。2017年にこつこつ始めた個人セッションは、3年間で1800名近くの方にお受けいただくこととなりました。その頃ちょうど「健康経営」という時流が来て。日本が抱えるさまざまな社会課題、社会現象、企業においては、創造的な労働力の実需のニーズが多くあり、予算を取ってでも従業員の健康を管理し、向上させなくてはならない、向上させたい、という企業の声が増えてきました。私が実践してきたことに、時流がついてきた。会計士で、健康に深く興味を持っている私に「企業内の健康経営プログラム開発に参加してもらえませんか」と声掛けを頂き、経営者や従業員を健康にすることで、日本の医療費を削減する草の根活動にもなる「健康経営」サービスをスタートさせました。

経営コンサルタントとして

様々な取り組み、そしてたくさんの方々と出会いながら、公認会計士から経営コンサルタントとして活動することが多くなりました。弊所のコンサルタントを受けにいらっしゃるお客様は多業種にわたります。私の経営コンサルスタイルは、決算書をクライアントの集大成作品として紐解き、集約されている経営行動と集約しきれていない経営資源を洗い出すことで「売り上げを正しく伸ばす」ことです。経営者の方には「誰を幸せにしたいのか」を常に経営に落とし込むことに集中していただき、私自身も目の前にいるお困りのお客様を幸せにすることで、私のビジネスをブラッシュアップしています。

mari_2

“この人でなくては”という魅力と物語を感じること

私は会計というフィルター・言語を通してその物語を読んでいます。
最も大切にしているのが「その人がこの商品・サービスを売るという」物語。誰から買ってもいいわけじゃない、この人から買いたいということを、どんな仕事でもすごく意識しています。私のところにいらっしゃるお客様はそんな方が多くてその方の唯一無二の魅力があって、価格競争に飲み込まれず、仕事という芸術作品を作られています。私にとって経営はその人となりという人間性、そしてその方の人生に紡がれている物語も含めた包括的なものであると感じながら、コンサルティングをさせていただいています。

2021年から始まる経営×アートプロジェクト

私の思うアートとは 人間性、人間力、自分を知ること信じること、無理をしないこと。そこに人生を輝かせる根源があると思っています。今後の活動として、経営コンサルティングに加えて経営者やその会社の独自の魅力とブランドをアートで表現するところのサポートをしたいと考えています。そのブランドの強みや存在価値を可視化して「ビジュアル」として表現するという、アーティストを含めたプロジェクトチームを立ち上げ、経営とプロモーションコンテンツの相乗効果を生み出す斬新なアプローチで取り組ませていただきたいと思っています。

ビジョン

会社を変えるという枠を取っ払い、日本を変える、日本以外の国との連携を変えていく活動に力を注いでいきたい。自分の売り上げや収入のためではなく、その先に実現した世界で、よりたくさんの人が効用を得られたり、何かを生み出したり、世界が変わっていくことを望んでいます。

私の役割

私自身を自分で例えると“トリガー”的な存在。きっかけを与え、旋風を巻き起こす。人と人、仕事と仕事、プロジェクトとプロジェクトをつなぐ「ハブ空港」であることが私の願いです。

mari_4