松田眞理公認会計士事務所

感じるお金

約 4 分

2019年。

皆さんにとって、
昨年1年はどんな年でしたか?

おそらく、
多くの方が
「今までの自分のルールを見直す」
ようなことが起こった
1年だったのではないでしょうか。

私も例にもれず。

今まで当たり前に
暮らしの中にあった光景が
当たり前でなくなるような
大きなルールの変化がありました。

変化は、
どんな形であっても
私たちにとっては
喜ぶべきことだと私は考えています。

たとえ
その時は大きな痛みがあったとしても、
変化に耐えうる力と
変化を変容に繋げていく精神を
私たちは兼ね備えている。

2019年
大きな変化に遭遇した方は特に

2020年を
その変化をちゃんと活かす年にする。

そのためには、
私たちの感性を磨くこと。

今日は
2020年のスタートアップのために
そんなお話をお伝えしようと思います。

私たちの、心の自由


先日、電車に乗ろうとホームに立っていたら
声をかけられました。

「松田さん、ですよね?」

ふと見ると、
私と同い年くらいの女性の方。

「あ、こんにちは!」

とニッコリ挨拶をしたものの、

心の中では、

「え?誰だろう?」
「どこでお会いした方だろう」

と私の脳みそはフル回転。

どこかでお会いしたことがあるのか、
記憶をたどっても
瞬時に、どなたかわからず。。。

すると、

「松田さんが司会をされていた
イベントに参加したものです」

「お見かけして、
あ、松田さんだ、って嬉しくて、
声をかけてしまいました」と。

有名人でもない私に会って
嬉しいと言ってくださることに
大感激したことはもちろん、

それ以上に、

「あ、松田さんだ」って
瞬発力で話しかけられる

その方の幸せフルで自由な心の動きに
わたしは大きく感動を覚えました。

簡単にできそうで、
なかなか実行に移せない

私たちの、心の自由。

私たちって、
ともすると、

頭で考えることに
執着してしまう。

「こっちの道に進んだら、どうなるんだろう」

「あっちの道に進んだ方がいいかな」

でも、それって、いったい
私たちに最適解を
示してくれているのでしょうか。

8割方、感性で生きる


頭で考えることは、

実は、

8割方、悪い結果を想定してしまうと

言われています。

私たちにもともと持って生まれた

シナリオがあるとしたら、

その道を歩むのが、

人生の幸せな道。

その道にたどり着くために、

ショートカットするためには

やはり、頭で考えるのではなく

自分の感性を磨くこと。

誰に対しても
笑顔を向けることのできていた

子供のころの自分を取り戻すように
感性を思い出す。

私がホームで会った女性の
無邪気な笑顔は、

思わずだれもが
ニッコリ笑顔になってしまうほどの
威力を持っていました。

自分の感性に従って生きている、

その証、なのでしょう。

2020を別世界から


私たちは、

遅かれ早かれ、

人生のどこかで、

「この先の人生をどう生きるのか」を選ぶ

時期がやってきます。

お金の流れを作ることも、

実は

「人生をどう生きるのか」と

同じだということ。

であるならば、2020年も
多くの方が
「人生をどう生きるのか」の選択に
直面することでしょう。

もし、大きな選択を迫られたとき、

2020年の私たちの心がけるべきことは

感性で行動すること。

簡単です。

頭で考えない。

心を震わせる方の選択をする。

これを心がけるだけで、
お金の流れがかわっていきます。

2020年は
感性を研ぎ澄ませていく年。

より、感度を高くしておけるよう、

美しいものや、美しい感情、
美しい世界観に
触れる機会を増やしていきましょうね


【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?